(かぶしきがいしゃ ティム コンサルティング)

TIMは、企業の経営改善をサポートする企業です。
企業経営に必要なものは、人・もの・かねという3つの資源です。
これらの3つの資源のどれも企業を成り立たせるためには欠かすことができないものです。
TIMは、このうちの「人」に着目し「時間」という概念を付加することで、
企業価値の向上を目指します。




業務内容

業務領域と強み

TIMは経営改善の戦略立案、戦術実施のサポート、従業員教育を通じて、
クライアント企業の価値向上に寄与します。
業務領域は、人事労務経営財務分野など多岐にわたります。
特に、両領域の重なる部分で、TIMは強みを発揮します。


TIMの業務領域と強み 人事労務業務 経営財務業務

コンサルから人材育成へ~TIMの業務フロー~

現状分析 問題点の提示 改善案の
提案・実施
改善に向けての
指導・教育
経営者様や従業員の方々からヒアリングを実施し、財務・人事データなどの詳細な定量分析、外部環境調査による定性分析などを行います。   現状分析を踏まえて財務・人事両面から問題点を提示し、課題を提起します。その際には問題発生の要因やその問題性の程度などについての指摘を行います。   課題を整理したうえで課題解決に向けた改善案をいくつかご提案します。また意思決定をうけて具体的な実施に向けた支援を行っていきます。   経営改善・人事制度改革はコンサルタントのみが行っても真の改善は行えません。そのため従業員の方々に改善の意義、具体的になすべき事項等について社内研修を通じ教育をしていきます。



会社概要

沿革

2001年
10月
経営財務研修および経営コンサルティング提供のため
米国ハワイ州法人として設立、同時に日本にて支社登記を行う
  2002年 10月 月刊誌 企業診断「401kのはなし」連載開始
    11月 企業年金制度見直しコンサルティング 第1号受注
商工会議所年金フォーラムを企画・運営
  2003年 6月 大手監査法人と業務提携
    8月 人事コンサルティング事業拡大
  2004年 1月 日本法人有限会社 TIM Consulting に組織替え
    4月 月刊誌KFP(きんざい発行)社会保険委細詳論 執筆開始
    6月 増資により、株式会社 TIM Consulting に名称変更
  2006年 2月 早稲田大学で「企業年金コンサルタント養成講座」を企画・運営
    7月 株式会社NTTデータユニバーシティより優良研修事業者に贈られる「Special Thanks」受賞
  2007年 11月 企業向け法律系研修開始
    12月 経営財務研修受講者のべ人数1万人突破
  2008年 4月 FP事業拡大 企業向けFP入門講座開始
    7月 連合型DC導入のための事業所説明会を全国主要都市で実施
    10月 企業実務研究会50回突破
  2009年 2月 確定拠出年金導入企業向け、従業員教育の継続的実施の本格化
    7月 法人グループ向け連合型DC制度スタート。グループ各社に対し導入支援
  2010年 2月 企業実務研究会70回大会開催
    5月 金融機関渉外担当者向け年金知識・営業研修3ヵ年計画スタート
    12月 株式会社NTTデータ運営のシミュレーションサイト「みんなのライフプラン」オープン(コンテンツ監修・TIM認定FPによるFP相談)
  2011年 5月 企業財務の実践型体験学習教材「BRICKS5」発売
    9月 資産運用体験ソフト「リバランス・シミュレーター」発売
    10月 大手製造業にて、従業員の福利厚生制度の改定に関するプロジェクト参画
企業実務研究会100回突破
    12月

組織改善・人事制度・教育体系再構築プロジェクト開始
専門分野講師候補5名での講師養成講座スタート

  2012年 1月 ライフプラン作成ツールサイト「ネットで見よう!あなたのおかね未来」オープン
    4月 日本商工会議所 年金教育センター業務受託
    11月 企業年金連絡協議会 入会(賛助会員)
  2013年 3月 金融機関担当者向け年金教育3ヵ年プログラム終了(2014年継続)
    7月 「労働法違反で罰せられる前に読む本~介護施設の労務管理リスクマネジメント~」出版
2014年 7月 TIMねんきん研究室をTIMねんきんライフプラン研究室に変更

所在地

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-6-2 第2秋山ビルディング6F
Tel 03-6402-3921 Fax 03-6402-3922
URL:http://tim-con.com

役員紹介 ⇒


アクセス ⇒


HOMEへ戻る