確定拠出年金に係る従業員継続教育

TIMの投資教育・継続教育のポリシー

確定拠出年金(DC)を導入している企業には、「投資(継続)教育」を行うことが
義務付けられています。
「投資(継続)教育」は、資産運用や金融商品の説明を 行うだけでは
不十分と考えます。
なぜなら、日本では「企業型DC」を、 従業員の退職金(の一部) として
導入している企業が大半だからです。
退職金(の一部)として導入している以上、従業員に示したDCの給付水準は
従業員の権利 であり、 企業にとってはその水準を維持する努力が不可欠です。
そのためにも、事業主は継続的に従業員に対して教育の場を 与えることが
必要に なります。
そして内容については、運用や商品知識だけでなく、ライフプランを含めた幅広い教育が
必要になるでしょう。

TIMでは、「中立的な立場」で「退職金としてのDC制度」を「効果的かつ継続的」
に実施するために、
それぞれの企業にとって最適な投資教育ソリューションを提供することを
目指しています。

確定拠出年金投資(継続)教育項目例


HOMEへ戻る