確定拠出年金を選択した場合、軽減される税金・社会保険料の負担を見てみましょう

入力した前提条件

年齢


年収

万円



扶養している配偶者


毎月の確定拠出年金への
拠出額(積立額)

0円



扶養している子

16歳以上19歳未満…0人

19歳以上23歳未満…0人

23歳以上…0人


確定拠出年金加入の効果:
1年あたりの税金・社会保険料の負担(概算)

単位:円(百円未満切り捨て)

 

A:給与として受け取る場合

B:確定拠出年金に加入する場合

差額(A-B)

税金(所得税)

0

0

0

税金(住民税)

0

0

0

社会保険料

0

0

0

合計

0

0

0

(注)このシミュレーションでは、入力情報に基づいて、税金を概算で計算しています。 税額の計算においては、「給与所得控除」「社会保険料控除」「配偶者控除」「扶養控除(子にかかるもの)」「基礎控除」のみを考慮し、その他の控除については考慮していません。住民税は、所得割額のみを計算しています。 また、社会保険料額の計算は、厚生年金保険料率、健康保険料率(協会けんぽ全国平均)、介護保険料率(協会けんぽ)、雇用保険料率(一般の事業の場合)を、年収に乗じて計算しています(料率は従業員負担分)。

運用利回り 確定拠出年金の事業主掛金 0円
運用期間 年間 または前払い退職金(1か月分)
確定拠出年金のメリット
確定拠出年金加入による節税などの効果
確定拠出年金加入による資産運用効果
通常の積立による資産残高

  1. 確定拠出年金加入による
    60歳までの節税などの効果
    約0円
  2. 資産運用によるメリット
    約0円
    • ①確定拠出年金に加入
      する場合の資産残高
      約0円
    • ②通常の積立
      (利子課税される
        金融商品)の資産残高
      約0円
  3. 総合的なメリット
    約0円

確定拠出年金加入による60歳までの節税などの効果は、確定拠出年金加入の効果(1年あたり)を運用期間年数倍して計算しています。
資産運用によるメリットは、運用額(拠出額)や運用利回りなど入力した前提条件が運用期間中に変わらないものとして計算しています。

軽減分は有意義に使いましょう

拠出額を変更する


確定拠出年金制度を選択すると、なぜ給与として受け取る場合よりも、税金・社会保険料の軽減効果が期待
できるのでしょうか?